ヘッドハンティングinfo
 

私がヘッドハンティングされる可能性はありますか?

もちろん確率としては0%ではありませんが、限りなく0%に近い人はいます。
そんな人はヘッドハンティングを狙うより、まずは実力を付けないといけません。

では、どんな人が100%に近いのか?

1.需要がある技術を持っている

ヘッドハンティングをするということは、その人の技術が欲しいということです。
専門的な技術であったり、大企業での人事システムの構築実績など、
自社にはない技術、人材を手に入れるためにヘッドハンティングをします。

「ごく普通な営業マン」や「ただの課長」ではほぼヘッドハンティングはされません。
平社員でも特有の技術を持っている方が可能性は高い。

2.有名企業に勤めている

大企業の人材はヘッドハンターに人気があります。
積み重ねた技術力があるので、それを狙って中小企業が引き抜く。
大企業ではごく普通の技術者だったとしても、中小企業から見ればスペシャリスト。
「普通の人がヘッドハンティングされた」というのは、このパターンが多いと思います。

または、同業他社の人材の引き抜きも多いです。
さすがに自社より悪い会社からは引き抜かないので、シェア1位の会社の人材を狙います。
このように、勤めている会社によって、確率はかなり違ってきます。

3.30代以上でリーダー経験あり

基本的には即戦力であり、チームをまとめて成果を上げてくれることを狙っています。
課長以上が理想ですが、そこまでいかなくても何らかのリーダーでの実績があれば良いです。
役職というのは実績の証明でもあります。

30代では課長、40代では部長、50代では役員など、
そのあたりの役職があれば確率はぐんと上がるでしょう。



この3つが自分にあるかどうか?
2の「有名企業」は狙うのが難しいところですが、
中小企業の場合、何かしらの分野で実績を上げて認めてもらうようにしたい。

それと、代表的なヘッドハンティング会社の名前くらいは知っておきましょう。
ヘッドハンティング会社一覧を見ておいてください。

<次の質問>
ヘッドハンティングされるためにやることは何ですか?

<一覧へ戻る>
ヘッドハンティングinfo