ヘッドハンティングinfo
 

ヘッドハンティングされるためにやることは何ですか?

前回の記事でヘッドハンティングされる可能性があると判断すれば、
次に行うのはヘッドハンターの目に留まるようにすることです。

どうやるのが一番良いか?

1.大勢に自分の存在を知ってもらう

ヘッドハンターは人伝いで探っていくのが普通です。
よって、自分のことを知っている人が多いほど確率は上がります。
友人などに自分の仕事内容や役職を知ってもらうのが良いでしょう。

できれば、ヘッドハンターが声をかけそうな人に知ってもらうのが良いです。
会社のOBなんかはよく狙っている人が多いので、近所の人や趣味での繋がりなども大事。
ボランティアをしたり、何らかの集まりに参加したり、自分の存在を広める活動を積極的に行いたい。

会社の取材や発表会などにも積極的に参加したい。
特に、研究者など外出しない人には重要なことです。

2.良い噂になるようにする

人は悪い人は紹介しないものです。
いくら仕事ができる人でも、人間性が最悪なら話しにもならない。

ヘッドハンティングは能力が要件を満たしているだけではダメなのです。
チームをまとめる人望ある人間を求めています。
それに、評判の良くない人を紹介すれば、ヘッドハンターの信用低下にもなります。

3.ネットで実名活動をする

アナログ的な活動も大事ですが、現在はネットでの活動も大事。
ヘッドハンターはフェイスブックなどもしっかり見ています。

そのため、実名で勤め先や仕事内容・役職なんかを公開したい。
全てを公開しやすいフェイスブックは一番良いと思います。
全公開設定にすれば、それだけでも十分と言えます。

気を付けたいのは、「良い噂」という点。
馬鹿な発言をすればマイナス評価になってしまいます。
ここが下手な人はやらない方がいいでしょう。

あとは、ヘッドハンティングされたい人が登録するサービスもあります。
それは次回に。



普段から付き合いが多い人は自然とできている項目だと思います。
会社と家を往復するだけ、という人は意識したい。

<次の質問>
ヘッドハンティングされたい人が登録するサービス(会社)とは?

<一覧へ戻る>
ヘッドハンティングinfo