ヘッドハンティングinfo
 

ビズリーチの使い方・注意点を教えてください

事前に知っておきたいことを5つ説明します。
HP:ビズリーチ

1.登録時の年収

会員登録の際に年収の登録がありますが、
これが750万円以上だと「ハイクラス会員」、未満だと「タレント会員」になります。
ここは事実の記載なのでどうしようもないですが、年収でランク分けされることを知っておいてください。
嘘は絶対にダメですが、今年の年収が750万オーバー確定であれば、見込みで書いても良いでしょう。

ハイクラス会員、タレント会員の違いはこちらのページへ。
ビズリーチの「ハイクラス会員」「タレント会員」ってなんですか?

2.登録後に個別非公開設定を

ビズリーチはヘッドハンターだけでなく、企業も登録して利用しています。
そのため、職務経歴書等は企業も見ることができます。
名前まではわからないとしても、経歴等で身バレする恐れは十分にあるため、
勤め先やグループ会社など、そのあたりは非公開設定にするのが良いです。
一番最初にやりましょう。

3.職務経歴書等の書き方

採用面接での職務経歴書を使いまわすのではなく、ヘッドハンターに向けた内容にします。
「この人と会ってみたい」と思わせるようなプレゼン的なものが理想です。
実績などは数値等で具体的に書くようにしましょう。

また、転職動機も「キャリアアップ」を目的としたものにするのが良いです。
「生かせる職場へ」ではなく、「より技術を身につけられる職場へ」と。
そうした「できる人」と見られるようアピールしたい。

ここは公式HPに書き方が詳しく書いてありますので見てみてください。

4.有料プランは入るべき?

ビズリーチはヘッドハンターへの相談や、案件への応募はほぼ有料プランじゃないとダメです。
ヘッドハンティングのオファーについては無料プランでも大丈夫なので、
ヘッドハンティング待ちとして利用する人は無料プランでも十分です。
自ら案件に応募して転職活動をする人は有料プランにしましょう。

詳しい違いはこちらのページへ。
ビズリーチの有料プランと無料プランの違いは何ですか?

5.ログインはできるだけ頻繁に

ヘッドハンターや企業が人材を検索する際に重要視しているのが、「最終ログイン日」です。
もしこれが一年前だと、もう利用していないのかもしれない。
情報も古いということなので、信用も無くなります。
何も用事がなくても、頻繁にログインして生きている会員をアピールしましょう。



システムとしてはシンプルなので、特に難しいことはありません。
あとは毎年しっかり更新するようにして、ヘッドハンティングの機会を逃さないようにしましょう。

公式 HP:ビズリーチ

<関連>
ビズリーチの「ハイクラス会員」「タレント会員」ってなんですか?
ビズリーチの有料プランと無料プランの違いは何ですか?

<次の質問>
ヘッドハンティングの声かけにはどんな種類がありますか?


ヘッドハンティングinfo