ヘッドハンティングinfo
 

ヘッドハンティングの声かけにはどんな種類がありますか?

どんな感じでヘッドハンティングのお声がかかるのか?
ヘッドハンターの手段を紹介します。

1.自宅に手紙を送る

今も昔も変わらない定番の手段です。

内容とすれば「お会いしたい」というものになると思います。
誰であろうと住所は調べればわかるので、怪しむことはありません。

2.自宅や携帯に電話

自宅がわかれば電話番号もわかり、名刺などで携帯番号も入手しやすい。
ただ、電話だと勧誘などのイメージが強いので、初手としては難しい手段のようです。

3.メール

こちらも名刺さえ入手すればメルアドはわかります。
必然的に会社のメルアドになりやすいので、会社のメールに届いたという声をよく聞きます。
こちらに関しては注意点があるので、こちらの記事をどうぞ。


フェイスブックやブログなど、ネットで活動している人はそのメルアドに連絡が届くはずです。

4.待ち伏せ

自宅の周辺などで待ち伏せし、声をかける方法です。
電話や手紙・メールだと無視されやすいので、どうしても話しがしたい場合は直接会うことも考えます。
ただ、顔がわからないと難しいので、顔がわかる場合だけになるだろう

5.職場へ訪問

業者を装ったり、強引に侵入したりして直接会いに来ます。
ほぼ犯罪ですが、ここまでするのがヘッドハンター。
存在しかわからず、住所などの入手ができない場合などはこれを狙うようです。



以上、この5つが主な声かけ方法です。
最近はメール連絡が多くなっているようです。
ヘッドハンティングされるためにも、連絡先はすぐにわかるようにしておきましょう。

<次の質問>
ヘッドハンティングの声かけメールの注意点はありますか?


ヘッドハンティングinfo